記帳代行のメリット 千葉記帳代行センター

 千葉記帳代行センターを利用して経理業務をアウトソーシングすれば、次のようなメリットがあります。 

1 とにかく低料金です。

一般的な記帳代行業者に依頼し、さらに税理士に依頼するよりも低料金で済みます。 また、経理担当者を雇う必要もありませんのでコストダウンを図ることができます。特に規模の小さな会社は何もかも自前でやる必要はありません。すべての業務を自社でこなそうとすると、安易に人を採用して過剰人員を抱えることになりかねません。アウトソーシングを上手に活用すればコストの削減にもなります。

2 簡単で手間がかかりません。

現金預金出納帳の記入や入金・出金・振替伝票を起こしていただく必要はありません。通帳のコピーや領収書等を毎月あるいは数ヶ月ごとにお送り頂くだけで、「月次試算表」「損益計算書」「貸借対照表」「総勘定元帳」「仕訳日記帳」などを作成します。

3 本業に専念できます。

大競争時代を勝ち抜くためには、企業は自社の強みであり核となる部門・事業に特化し、そこに人材や資金などのあらゆる経営資源を集中しなければなりません。これがコア・コンピタンス経営で、本業に専念することができます。 手薄となった業務、不得手な業務は外部の専門家に任せればよいのです。手薄となった業務をアウトソーシング(外部委託)することにより、コア・コンピタンス経営を実現することができます。

4 固定費を変動費化させることができます。

記帳経理代行の利用、つまりアウトソーシングには固定費を変動費化させるという効果があります。低成長時代にはいって売上高の増加がそれほど期待できなくなると、売上高の多少にかかわらず発生する固定費は企業の負担となっています。だからアウトソーシングに注目が集まっているのです。これまで社内で行なっていた業務をアウトソーシングすることにより、人件費のような固定費を従業員数、仕事量、あるいは売上高などに応じて発生する変動費にすることができるのです。



  経理業務の特徴は次の通りです。
  ① 業務の忙しい時期とヒマな時期がある。
  ② したがって、専任の担当者では固定費がかかりすぎる。
  ③ 人材育成に時間がかかる。
  ④ したがって、派遣スタッフでは無理がある。
  ⑤ 専門的知識と経験を必要とする。
  ⑥ 秘密保持が必要となる。

つまり記帳経理業務は最もアウトソーシングに向いている業務の一つなのです。